Call to Arms – Gates of Hell: Scorched Earth | ビデオゲームのレビュー

このコンテンツについて

「Scorched Earth」拡張は、印象的なマルチプレイヤー兵器と、最も残忍な戦争シナリオを完成させるための新しいシングルプレイヤー コンテンツで東部戦線を再定義します。 セヴァストポリの包囲戦から第二次世界大戦の東部での最後の攻勢まで。

この拡張版は、あらゆるタイプのプレイヤーにコンテンツを提供し、歴史的な戦いや忘れ去られた戦争のエピソードに没頭できます。 見事なビジュアル、多くの新しいアセット、紛争で使用された最大の武器を含むユニークな新しいユニットで、実際の場所を正確に再現することに驚嘆してください。

03 Call to Arms - 地獄の門: Scorched Earth | ビデオゲームのレビュー

焦土には含まれている

  • ソ連からの 4 つの新しいシングルプレイヤー ミッション
  • 4つの真新しいシングルプレイヤードイツミッション
  • ソ連とドイツの 6 つの新しいユニークなマルチプレイヤー ドクトリン (国と期間ごとに 1 つ)
  • 25の新しいユニット
  • 新しい建物
  • 新しい空中偵察ユニット

02 Call to Arms - 地獄の門: Scorched Earth | ビデオゲームのレビュー

シングルプレイヤーミッション

ドイツのキャンペーンでは、セヴァストポリの残忍な包囲戦と伝説的なナルヴァの戦い、そしてあまり知られていないが同様に重要な東部戦線のエピソードを追加しました。 これらには、ユーゴスラビアでの反パルチザン作戦と、第二次世界大戦の最後のドイツの攻撃作戦である春の目覚め作戦が含まれます。

ソビエトのキャンペーンでは、スターリングラードでの絶望的な戦闘と、戦争で最も有名な戦車戦であるクルスクを追体験する時が来ました。 第 1 ウクライナ戦線を率いてキエフを解放し、ケーニヒスベルクを劇的に占領するなど、赤軍を第三帝国の本拠地に押し込みます。

01 Call to Arms - 地獄の門: Scorched Earth | ビデオゲームのレビュー

新しいユニット

この DLC は、ソ連とドイツの新しいマルチプレイヤー ドクトリンへのアクセスを開きます。 悪名高い「Karl Gerät」600mm 包囲迫撃砲など、あまり知られていないがユニークな紛争の車両をいくつか実装しました。

サポートの教義

新しい DLC ユニットはマルチプレイヤーでも利用できます。 それらはドイツとソ連の教義の一部です。 これらの新しい教義により、追加の主要ユニットでチームをサポートする能力と、敵を圧倒する方法として兵站戦を強化する能力が得られます。 「サポート」ドクトリンには、チームを発見するための偵察機に加えて、ラインの穴をふさぎ、必要なときに流れを変えるためのさまざまな砲兵および兵站支援ユニットが含まれます。

システム要求

    最小:

    • 64 ビット プロセッサとオペレーティング システムが必要
    • オペレーティング·システム: 64 ビット – Windows 7、8、10、11
    • グラフィック: GTX1050/RX550
    • DirectX: バージョン 11
    • 保管所: 5 GB の空き容量
    • サウンドカード: DirectX11対応
    おすすめされた:

    • 64 ビット プロセッサとオペレーティング システムが必要
    • オペレーティング·システム: 64 ビット – Windows 10
    • グラフィック: GTX1070/RX580
    • DirectX: バージョン 12
    • 保管所: 5 GB の空き容量
    • サウンドカード: DirectX12対応

このページにはアフィリエイト リンクが含まれている場合があります。つまり、対象となる購入から追加費用なしで少額のコミッションを受け取る場合があります。


価格を確認する

ソースリンク

私の名前はトム・ホプキンスです私はAssociateGgamerのヘッド編集者です。 私はプロゲーマーであり、ビデオゲームをプレイしてレビューするのに多くの時間を費やしています。 私はレポーターでもあり、ビデオゲームやテクノロジー業界で親愛なるユーザーのための最もホットなニュースを見つけようとしています。